2017年11月03日

平屋でリフォーム開始!

こちら、現場の『ふるさん』です。

水回りを中心に、昔ながらの間取りからLDKへ工事するN様邸より。。。

今回の物件は平屋の横長の住居で台所・居間・勝手口土間・8畳間が多数、昔ながらの和室の二室続きと縁側のあるお宅での工事です。

IMG_0570.JPG

水回りの老朽化、居間から台所が繋がるLDK空間を作っていきます。

まずは、主要な壁を事前にチェックしているので、筋交い等を活かしながら壁を解体していきます。

空間の広がりには、「見せれる筋交」を採用して頂き増した。

筋交の入る壁を塞ぐのではなく、木材を化粧仕上げで見せていくと空間の閉鎖感がなくなるので、広く繋げるには有効な方法です。

こうして、間取りを変更する為に大きく解体が終わりいよいよ大工さんの登場です。

天井内に隠れていた大きな丸太の梁が見えてくると、当時の大工さん達の匠の技を目にすることが出来ます。

昔の趣も残しつつ、新しい空間を加えるリフォームなので、今後の仕上がりが楽しみですね!




posted by ふるさん at 18:26| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事

2017年10月01日

お子様の部屋、完成!

こちら、現場の『ふるさん』です。

お子様のお部屋を増やす工事をご検討のK様邸より。。。

今回は、2階の和室畳をフローリングに貼り替える内容です。

使われている畳は、本畳と違って万能性のある15oほどの薄型畳です。

新しく貼るフローリングが12oなので、薄ベニヤを下地にして作業致します。

こちらの写真は、畳を撤去して下地を作っている状況です。

IMG_1877.JPG

畳があった周囲には、見切り材となるものが残っているので、新しいフローリングを合わせながら、およそ半日で一部屋を完成することが出来ました。

畳をフローリングにするだけで、すっかりお子様のお部屋に早変わりしました。

この様なチョットした工事も、福工房では対応していますので、お気軽にお問い合わせください〜



posted by ふるさん at 17:44| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事

2017年08月21日

床張り工事

こちら、現場の『ふるさん』です。

解体工事が終わり、棟梁よる大工工事が進んでいるK様邸より。。。

新たな空間を作る為に間仕切りなどが取れて、スッキリとしている状態になり天井の組み直しを進めて行きます。

天井の高さも空間の有効利用として、天井高さを目いっぱい高くする工夫も今回の工事に盛り込まれています。

IMG_1285.JPG

次に、既存のフローリングの上に防音マットを敷いて、上下の階層で2世帯になるリフォーム計画の中に検討されていた音の問題を解消していきます。

二重床になり剛性も取れる事ができるのと同時に、福工房の桧床で仕上げる事により木の香りや肌触りも楽しんんで頂けると思いますので、完成が楽しみですね!

IMG_1296.JPG





posted by ふるさん at 14:35| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事

2017年07月29日

2階で工事が始まります。

こちら、現場の『ふるさん』です。

住み慣れた住居を2世帯型にする工事をご計画のK様邸より。。。

今回の工事は、2階部分へ水廻り設備を導入する工事です。

設備が整うことと同時に、お子さまの部屋も分割して作っていく内容です。

K様宅には大きなベランダがあるので、まずはココを行き来できるように外部に仮設の昇降足場を設置します。

1階でお住まいになりながらの工事の為、玄関を通ることなく工事が出来るのがご迷惑にならず、安心して作業が出来ます。

写真は解体中の様子ですが、既存のフローリングの上に桧の床が貼れる様に利用していきます。

IMG_1157.JPG

IMG_1162.JPG

剥がす範囲や使える部分を判断しながら、この先は大工さんにバトンタッチです。

天井まで取れると、広々した空間が見えてきますので、今後も工事の進捗が楽しみになってきますね!


posted by ふるさん at 11:19| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事

2017年07月16日

養生

こちら、現場の『ふるさん』です。

建て替えをご計画のA様邸より。。。

慣れ親しんだ建物を新たな生活空間にするため、今回は既存建物を一部解体して建て直しの計画です。

分譲地のように更地の状態で整地されているのと違って、既存にはいろんな物が附属しています。

解体作業する前に建物への引込みされている配管や配線の撤去作業や、周辺のコンクリート土間など残して再利用する範囲などなど。。

まずは解体用の重機が入ってきても良いように、コンクリ面には養生を行います。

養生材には、鉄板やゴム系の板材もありますが、場所によっては固すぎて素材を傷にしたり、ゴムの跡が残ったりする事もあるので、今回は構造用合板の厚いモノを採用しました。

IMG_1039.JPG

このように進入路までを引き均しておけば、作業も安心して行えますね!

ここまで来れば、いよいよ解体作業の開始です。

工事の進捗も楽しみになってきます。






posted by ふるさん at 10:07| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事

2017年06月18日

地産地消で、県産材!

こちら、現場の『ふるさん』です。

内部のリフォーム工事が、進んでいるN様邸より。。。

本日は、大工さんの作業によって床貼り作業が始まっております。

福工房で馴染のある、桧の床板。

実はこれ↓↓↓ 浜松の天竜から採れる、「天竜桧」なんです!

IMG_0488.JPG

地域で取れる材料は、風土・気候ともに静岡の環境で育ってきた樹木たちです。

製品として加工されても、四季の移り変わりとともに木の呼吸する感覚がピッタリです。

そんな、桧の床板を指定面積以上に使われると、助成金がもらえる仕組みになっっております。

リフォームなどで、上手に利用して見ることお得がいっぱいで嬉しい限りですね〜




posted by ふるさん at 16:06| Comment(0) | 住まいのリフォーム工事